ページの先頭です]

本文まで進みます]


水と緑部会 (Water and Green)

ここから本文です]

  1. ホーム
  2. かいぼり27だより(2016年2月)

2016年2月26日(金)
池干し期間も残すところ、あと2週間!

やり残しが無いようにと、週末を中心にかいぼり隊の活動はまだまだ続きます。

まずは、20日、21日に行ったお魚捕りの総点検をご報告。
小さな水溜りや湧水ポイント、ポンプ排水用の釜場にお魚が逃げ込んでいないか、みんなで目を光らせます。幸い、弁天池、お茶の水池、ボート池ともにブルーギルやオオクチバスは見つかりませんでした。

最後のお魚捕り、みんなの目が真剣です!

最後のお魚捕り、みんなの目が真剣です!

役目を終えた浄化装置が撤去されると聞き、感謝の気持ちで記念写真!

役目を終えた浄化装置が撤去されると聞き、感謝の気持ちで記念写真!

週末のもう一つの作業は、水草再生に向けた土壌採取です。
土の中に眠っている水草の種子(埋土種子)を発芽させるための土壌採取ですが、2月11日の弁天池作業に引き続き、今回はお茶の水池での作業です。お魚捕りを終えた後の活動にも関わらず、かいぼり隊の士気が下がることはありません!
「ここいらの土には種がいっぱい眠ってそうだ!」「いやいや、こっちの方がもっと貴重な種が眠ってるに違いない」「ほら、見てみろよ~」と、いつの間にやら、みなさん埋土種子マイスターの様になっています。泥にハマりながらも、ワイワイ楽しみながらの作業は手際も良く、あっという間に4か所から27袋を採取。その後、東京都西部公園緑地事務所での水槽への撒きだし作業を終えました。発芽時期まで水を涸らさないよう待ちます。

ここぞという場所を掘って、掘って、掘りまくる!

ここぞという場所を掘って、掘って、掘りまくる!

あらら、水を満たしている内に池の土にも愛情が!?

あらら、水を満たしている内に池の土にも愛情が!?

そして、土日祝日に開催中の<いのかしら池底ツアー>も大人気!21日には36名の参加者を迎えて大盛況。かいぼり隊もツアーのお手伝いで活躍中です。残すところあと4回。未体験の方もリピーターの方もぜひいのかしら池底ツアーへお越しください!

こ~んな恰好したスタッフが待ってます!

こ~んな恰好したスタッフが待ってます!

画像ファイルをダウンロードする(zip形式)

2016年2月17日(水)
井の頭かいぼり隊が表彰されました!

本日、三鷹市長より「井の頭かいぼり隊」が“環境活動表彰”を受けました。これは、三鷹市が、日頃の環境活動により三鷹市民のために尽力され地域へ多大なる貢献をされたと認められた方々を表彰し、市民の環境向上の意識や行動を高めることを目的として実施しているものです。
井の頭かいぼり隊は、ボランティア団体として井の頭池の再生に中心的に関わり、普及啓発活動を行っている点が評価され、表彰されることとなりました。
冬のさむ~いかいぼり時はもちろん、夏のあつ~い炎天下でも定期的なモニタリング作業や外来種の駆除活動を行い、年間を通じて井の頭池の環境改善のための大きな役割を担う存在に成長しました!
この表彰をいただいたことで、かいぼり隊の自信にも繋がることでしょう。これを励みに今後の活動もみんなで頑張ります!

表彰状を手に記念写真!

表彰状を手に記念写真!

このような賞状をいただきました。

このような賞状をいただきました。

画像ファイルをダウンロードする(zip形式)

2016年2月15日(月)
水草復活への取り組みスタート!

かつての井の頭池には豊富な湧水が湧いていて、透明度の高い池の中には、様々な種類の水草が生育していました。しかし、約50年前頃には湧水がなくなり、水草は消失してしまいました。
今回その水草を復活させるために、水草の種子が眠っているかもしれない池底の土を採取して水槽に播き出し、かつて生育していた水草の種子を復活させる取り組みが、研究者の協力を得ながら、市民、NPO、行政協働で始められました。まずは2月11日に弁天池の池底の土を採取しました。

さあ~掘るぞ~気分は宝探し!

さあ~掘るぞ~気分は宝探し!

その土を、東京都西部公園緑地事務所と、東京における希少な植物を保護増殖する活動を行っている神代植物公園植物多様性センターで播き出し、今後経過観察を行うこととしました。

神代植物公園にインターンに来ていた東京農大の学生さんに播き出し作業を手伝っていただきました。

神代植物公園にインターンに来ていた東京農大の学生さんに播き出し作業を手伝っていただきました。

また、東邦大学との共同研究として「ベランダでできる土壌シードバンク調査」と称した市民協働の研究も同日にスタート!かいぼり隊の自宅で同様の播き出し実験を行い、各人の結果を集約し情報を集めます。
様々な人が関わって数多く取り組むことで、水草再生に向けた多くの可能性が広がります。どの地点からの土から一番最初に芽が出るのか、どんな種類の水草が出てくるのか、これから春以降の観察が楽しみです。

池底の土を採取し、水槽への播き出しを完了!発芽を待ちます!!

池底の土を採取し、水槽への播き出しを完了!発芽を待ちます!!

画像ファイルをダウンロードする(zip形式)

2016年2月9日(水)
始まりました!いのかしら池底ツアー~お茶の水池編~

先週末よりいのかしら池底ツアー~お茶の水池編~が始まりました。2月6日・7日の2日間で、親子連れを中心に9名の方にご参加いただきました。
弁天池編の時よりも歩ける範囲は少し広めです。かいぼり中しか降りられない池底に降り立ち、お茶の水池を探検しました。
参加者の皆さんからは熱心な質問も飛び交い、「湧水が見られて感動した!」や、「池底から見る七井橋はひと味違った!」など、普段は見られない光景を堪能いただけたようでした。

いのかしら池底ツアー~お茶の水池編~は、3月6日までの毎週土・日・祝日に開催予定です。
詳細はこちら

あ!湧水見つけた!(写真提供:皿谷徳久(かいぼり隊))

あ!湧水見つけた!(写真提供:皿谷徳久(かいぼり隊))

こんな場所まで探検!

こんな場所まで探検!

画像ファイルをダウンロードする(zip形式)

2016年2月3日(水)
かいぼりをめぐる工事 <その3>

本日は、狛江橋付近の弁天池とボート池を仕切っていた、鋼矢板を取りのぞく工事を行いました。工事業者さんが、リモコン操作で仕切りを引き抜くための専用の機械を動かし、それをクレーンで吊り上げて、板を1本1本外していきました。約2年ぶりに弁天池、お茶の水池、ボート池が一つの水域としてつながるまであと少しです。

リモコン操作者↖の絶妙なコントロール!

リモコン操作者↖の絶妙なコントロール!

ぶらーんと吊り上げられた鋼矢板

ぶらーんと吊り上げられた鋼矢板

画像ファイルをダウンロードする(zip形式)

先頭へ戻ります]


ページの最後です]

先頭へ戻ります]