ページの先頭です]

本文まで進みます]


井の頭恩賜公園100年実行委員会 (Outline)

ここから本文です]

  1. ホーム
  2. 井の頭恩賜公園100年実行委員会

井の頭恩賜公園100年実行委員会

組織について

井の頭恩賜公園は、大正6(1917)年5月に、日本初の郊外型公園として開園し、平成29年5月には、開園100年を迎えます。

多くの皆様に親しまれてきた歴史の中で、周辺は都市化が進み、武蔵野の風景が失われてきました。しかし、井の頭恩賜公園は、豊かな森と水の残る貴重な空間として、今も私たちを迎えてくれます。

この豊かな自然環境をどうしたら後世に残せるでしょうか。

また、吉祥寺や三鷹の街に近いことから、多くの老若男女が訪れる環境にあります。

この恵まれた環境を活かし、更に公園の魅力を高めるために何が出来るのか、皆さんとともに考えたいと思います。

井の頭恩賜公園の100周年に向けて、地域と連携して井の頭恩賜公園のあり方を考え、行動するため、関係団体、行政が参加した「井の頭恩賜公園100年実行委員会」が、平成18年7月に設立されました。

100周年に向け、主に「水と緑の再生」「公園を核とする街の賑わい創出」を柱とした事業を展開していきます。

「井の頭恩賜公園100年実行委員会」には、総会、役員会、専門部会を置いています。
このうち、専門部会としては、事業の柱である、「水と緑の再生」「公園を核とする街の賑わい創出」に関して、調査審議する3つの部会を設置しています。
また、現在、事務局を西部公園緑地事務所に置いています。

先頭へ戻ります]


ページの最後です]

先頭へ戻ります]